メリットを

不動産というものは、あくまで資産ですので、最大限に活かす方法を選択すべきです。

そう考えたとき、売却という方法が最もメリットがあるかどうかを、しっかりと検討する必要があります。 それは、賃貸に出したほうが、資産活用としてメリットがある場合があるからです。

スターツピタットハウスなら、売るほうが得か貸すほうが得かを判断してくれる、売却・賃貸W査定というサービスがあります。 転勤を理由とする人は、いつか現在の住まいに戻ってくる可能性もありますので、売却してしまうのではなく、賃貸に出したほうがメリットがある場合があります。

住宅ローンがないケースでは、定期収入が大きなメリットとなりますので、売却価格よりも、中・長期的におトクになる場合があります。

また、急いで不動産の売却をする必要がない場合には、賃貸と売却のどちらが得なのかを、しっかりと見極めて資産活用ができます。 売却と賃貸それぞれのメリットとデメリットをしっかりと比較してもらうことができますので、不動産という資産の最適な活用方法を提案してもらえます。

売却価格と家賃収入を、お客さま一人ひとりの所有不動産の状況やライフプランに合わせてシミュレーションしてくれますので、理想の資産活用をすることができるのです。

売却・賃貸のW査定は、無料の不動産査定への依頼の際に相談することができますので、よりメリットの多い資産活用の手がかりとして、一度、相談してみることをオススメします。